一戸建てを選ぶ時のポイントとは?

防犯の設備が付いているか確認

ファミリーで賃貸物件を選ぶとしたら通常はファミリー向けのマンションを選ぶかもしれません。でも家族が多い時には部屋の多い一戸建てを選んだ方が住みやすい時があります。手ごろな賃料の物件があれば検討してみると良いでしょう。しかし一戸建てにはマンションと異なる部分があるので、一定の機能が備わっているかを確認しておくと良いでしょう。マンションならオートロック等の防犯の設備がありますが、一戸建ては一般的な鍵を使うタイプが多くなります。窓などもマンションに比べて多いので侵入者に狙われやすくなるかもしれません。警備会社との契約がされているか、各窓に一定の防犯に対する対策がされているかなどを確認しながら選ぶと良いでしょう。

近所に音が伝わりにくくないか

小さい子供がいるときに賃貸マンションを利用するとき、階下や隣の居室への音が気になるでしょう。その時には一戸建てを選ぶと良いかも知れません。一戸建ては基本的には一つの建物を一つの家族が自由に使います。二階で子供が騒いで音をたてても気になるのは自分たちだけです。しかし一戸建てにもいろいろなタイプがあるので、実際に下見などをして問題が無いかの確認が必要でしょう。賃貸の一戸建てには複数の建物が壁でつながっているタイプがあり、階の上下の音は響きにくいですが、壁伝いに隣に響く可能性があるので注意が必要です。つながっていないものの隣との間が非常に狭い物件もあり、子供の声などが聞こえやすいので隣との距離が数メートルある物件を選びましょう。

© Copyright Real Estate Rental. All Rights Reserved.